Thursday, January 11, 2018

Hakuji Long Coat







Hi everyone! How is your New Year's food? In Japan many people have kochi (rice cakes) every day, and it's easy to gain weight. My mother sent me and my son Noshi-mochi (spread mochi) whose size was similar to iMac 21.5-inch. I cut it into 24 pieces, but I ate only a few pieces. My son had six pieces at one time. So there were most of the mochi in his stomach. Anyway I didn't gain weight. I think the wall of the Tsutaya Book Store where I had a photoshoot for today's blog, is so beautiful white like mochi! I'm not a fun of the shop, but I love the architecture! It is so great place for fashion bloggers. The google map is here. By the way, I wore a tank in this long coat, because the coat from Hakuji what I got at Trampoin10 is very warm. I chose this necklace from House of Harlow 1960 on blank space of my neckline. This skirt like kilt that I got it about twenty years ago, and it is also warm because of thick wool cloth. As the result, I took off my tights. However it was a little cold.

みなさま、こんにちは。お餅を食べ過ぎていませんか? 我が家は、毎年実家から届くのし餅が、こんなに美味しいお餅は生まれて初めてというくらいに美味しくて、一週間で全部平らげてしまいました。 息子が一度に6個も食べるので、ほとんど彼の胃袋へ、私は少ししか食べられなくて残念です。 でも、おかげで正月太りにならずにすみました。 代官山の蔦屋書店の壁も、つきたてのお餅のように真っ白です。肌の色がきれいに撮影できてブロガーのみなさまにおすすめですよ。 蔦屋書店の中は私には気取りすぎていて落ち着かないのですが、外観は気持ちがいいです。地図はこちらです。 trampoin10で見つけたHakujiのロングコートはとっても温かいので、中はノースリーブにしました。 胸元が開きすぎてしまったのでハウス・オブ・ハーロウのネックレスを合わせました。 厚地のウール地のキルト風スカートは、20年くらい前のもの。 これも温かいので、タイツは脱いでみました。 ちょっと寒かったです。

Hakuji coat, Dignite Collier tank, unknown skirt, Robert Clergerie shoes, Kate Spade watch and bag House of Harlow 1960 necklace

Monday, January 08, 2018

Kate Spade New York Spring 2018 Collection In Japan
















Today's post is the report of the Kate Spade New York Spring 2018 Collection in Japan. In NYFW on September last year, it held at the Grand Central Oyster Bar and Restaurant. In Japan the installation took place in the second Oyster Bar in Shinagawa Terminal Station. I heard Jazz music in the background in the restaurant, and I thought Woody Allen love it. Suddenly marching band appeared. I also played the drum in primary school, so I was so excited!! This year is Kate Spade New York’s 25th anniversary. For the cerebration they will go road trip in America for a year. We will be able to also feel that atmosphere of the wonderful road trip with them! This spring collection was inspired by New Orleans. Additionally, there's the Sam bag what was the first handbag from Kate Spade, wearing new fabrics. The shape is simple, casual, and elegant. The size is very great for a kimono. I wore a kimono with big snow rings pattern at the party. Beautiful constellations are on this bag from Kate Spade. My outfit looks like a winter night sky! Those constellations light up, and we can charge by Usb cable!!

今日のブログはKate Spade New York Sparing 2018 コレクションのリポートをお届けします。昨年9月のNYFWにグランド・セントラル・オイスター・バー&レストランの本店で開催されたコレクションが、日本でも品川駅構内にある世界2号店で再現されて、とても楽しい展示会でした。 ウッディ・アレンが好きそうなジャズが流れ、マーチングバンドも登場!私も小学生の時に小太鼓をやっていたので胸が躍りました。さらに、ケイト・スペードは今年なんと25周年。この記念すべき年をお祝いしてアメリカを横断する1年間のロードトリップへ出かけるそうです。みなさまも是非、ケイトと一緒に気分はいつもアメリカ横断中の一年にしましょう。ニューオーリンズにインスパイアされた春のコレクションでは、1993年に発表された初めてのハンドバッグ ’sam’も新しい素材をまとってお披露目されました。着物にも合いそうなサイズ感とシンプルでカジュアルでエレガントなデザインが最高です。さて、この日のわたしの着物コーデですが、大雪輪の小紋を冬の夜空に見立てて、今シーズンのケイト・スペードの星座のバッグをチョイスしました。このバッグ、星座が光るんですよ。USBケーブルで充電できるのも嬉しいです。

Ysubakimono kimono, Erizen obi, Second-hand obi-rope, Kate Spade New York bag, Oscar De La Renta earrings, Estnation Stole, Komatsya zori

Thursday, January 04, 2018

Happy New Year With A Kimono






Happy New year! I hope you all had a great start into 2018! I had fun with friends at a New year's party in Roppongi that was filled with lights, even at night. I feel the lights were similar with reptiles. So I’m interested in sequins, which is one of the fashion trend of spring and summer 2018. Today’s kimono is also a little shiny, like reptiles. This grey fur goes well with the kimono. When I found the fur in a shop, I couldn’t decide which color, white or grey. I felt that the white one looked like a mouton rug, so I got a subdued grey one. However the grey fur was shining on top of the kimono! I styled that with other items: a bag and a obijime (like a belt of a kimono), which were one-tone. This obi is embroideried with lovely deers with an elegant twist. As a result, today’s outfit is also suitable for a dinner at a hotel. By the way, I have drawn my illustrations for Kateigahou fashion and lifestyle magazine every month since December issue last year. There are lots of traditional Japanese lifestyle articles in the magazine. I was so moved Tsujigahana kimono in the newest issue. And my old illustrations is in 'Kimono Dictionary' by Nanao kimono magazine. If you have a question about kimono, please leave your comment!

みなさま、明けましておめでとうございます。 今年もkimonosnackをどうぞよろしくお願いいたします♡ さて私の新年ですが、大晦日に六本木のカウントダウンパーティで遊んだせいか、キラキラしたものがとても気になります。 2018年春夏の光り物は、爬虫類のような光沢のシークインアイテムが流行りそうですよ。 今日の着物のお召しは、写真では分かりづらいかもしれませんが、ほんの少し光沢があります。 グレーのファーは去年、新宿で見つけました。 色は白と迷ったのですが、ムートンラグをしょっているように見えたのでグレーにしました。 渋すぎるかなあと感じたグレーですけど、この地味なお召しの着物と相性が抜群で、帯締めとバッグの色は八掛の色に合わせて同系色のグラデーションでまとめました。最後に可愛い有栖川紋様の帯で格上げ。エレガントな中にゴージャスさも漂わせた地味派なスタイリングです。謎めいた雰囲気の夜のお食事にぴったりです。 日本の豪華ファッション誌、家庭画報の読み物ページでは挿絵の連載も始まりました。 最新号では、常磐貴子さんの辻が花のお着物姿も本当にうっとり、素敵です。 七緒別冊のムック「着物おたすけ辞典」では、ほっこりした懐かしいイラストを使っていただきました。 それでは、今年もみなさまにとって、素敵な一年になりますように♡

Erizen kimono, obi, and obijime, kate spade bag, Piumelli gloves, Gallardagalante fur stole, Komatsuya zori, Musashiya tabi

Wednesday, December 27, 2017

Eco-Fur from Kate Spade New York








Kate Spade coat and bag, Balenciaga dress, Tamara Mellon heels, Saint Laurent sunglasses, Oscar De La Renta earrings

Hi everyone! Have was your Christmas? I hung up only a Christmas wreath, so I wasn't tired. So I enjoyed watching movies at home. They are 'Flashdance' and 'Fur: An Imaginary Portrait of Diane Arbus'. Both of fashion for winter in the movies are so good! I thought 'Flashdance' when I was young, but I couldn't remember. So it was like my first time to see it. I wasn't inspired by it when the film was released. Now the film's fashion for working, relaxing, and dancing are so wonderful! That soundtrack is also great when I listen now. The uplifting music will help me to do spring cleaning. In Japan, we do our "spring cleaning" at the end of the year. Then I'll wear my son's damage denim pants. It's perfect! About 'Fur: An Imaginary Portrait of Diane Arbus', I found it when I looked for a similar coat with today's my eco-fur coat. The meaning of the fur coat which Nicole Kidman wear in the first scene appears the later half of the story. I was so moved and I cried. All of the film is very beautiful. We can see some cameras and studio in the 1950s. They are so wonderful. This year I have been looking for my real identity. I also found a lot of hint of it in the film. By the way, today's fashion point is this eco=fur coat from Kate Spade. Although I have sawn different eco-coats since last year, I think my one is the best! This dress from Balenciaga is second-hand! It looks more beautiful after seeing The Balenciag exhibition in London. I love feeling from my clothes. Recently, I gave my clothes that I don't wear for my sister. As the result, my closet is so radiant!

みなさま、こんにちは。クリスマスの片付けはもう終わりましたか?我が家はリースしか飾らなかったのでとても楽でした。その分、時間ができたので、のんびり家で映画を2本観ました。 『フラッシュダンス』と『毛皮のエロス』です。どちらも冬のファッションがとても素敵でした。 『フラッシュダンス』は昔観たはずなのですが何も思い出せなかったので、新作のように新鮮な気分で観れました。主人公のファッションは作業着や部屋着のお手本になります。ヘアメイクも音楽も素敵。今年はこのサントラを聴きながら息子のダメージジーンズを借りて大掃除です。 『毛皮のエロス』は、今日の写真と似ているコートが出てくる映画を探して見つけました。ニコール・キッドマンが冒頭で着ている毛皮の意味が最後分かるんですけど、涙が溢れるほど感動しました。どうしてこんなにいい映画を見逃していたのか2007年公開頃を思い出してみると、そういえばダニエル・クレイグに夢中でした。このお話は、実在した有名な写真家のダイアン・アーバスへのオマージュ作品。50年代のカメラやスタジオの様子なども見どころがいっぱいです。今年は、自分の資質をどうやって活かしたらいいのかちょっと行き詰まっていたので、その答えを探す鍵も見つかった気分になれる映画でした。 さて、今日のスタイリングのファッションポイントは、ケイト・スペードのエコファーのコートです。お買い物してから5年くらいたちます。他のブランドでもおしゃれなエコファーのコートが出ていますが、このコートがやっぱり一番すてきだなあって思います。バレンシアガのセカンドハンドのワンピースも、バレンシアが展をロンドンで見てからますます好きになりました。ファッションって本当に楽しいです。先日、段ボール一箱、妹に服をあげたら、クローゼットの中がお気に入りだけに厳選されて輝きだしました。

Wednesday, December 20, 2017

Intimissimi Flagship Shop In Ginza
















Hi everyone! I haven't done my Xmas shopping or hung up my decorations yet. How about you? I enjoy seeing many articles of Christmas by bloggers. By the way, today's blog is about the Intimissimi flagship shop in Ginza. The shop is the first flagship shop in Japan. I went to the opening exhibition of the shop on the 7th of December. Intimissimi is an Italian brand, and the concept is romantic, sensual, natural and modern. I really love the feeling! My friend who lives in Europe often gives his girlfriend lingeries from Intimissimi. Incidentally, I also saw the Intimissimi spring 2018 collection. The theme is beautiful scenery from spring to summer in Italy. For example, these lingerie names are 'Love in Verona', 'Madama Butterfly', etc... I was so moved!! I met Andrea who is a PR & Communication manager. It was long time no see! He chose these lingerie that I am posing with in front of a mirror. I haven't had the likes of that lingerie yet because I thought the color wasn't good on me. Hoever, it looked so beautiful! Men's advice is important. Now, I don't have time to go shopping for my lingerie for Christmas, so I asked Santa Claus to give it to me. I will wear it on New Year's day next week for good luck for the New Year! The shop has a cafe, so we can have fun there after shopping or before shopping. The new shop in Ginza which is my lovely town makes me happy!

みなさま、こんにちは!もうすぐクリスマスですね。飾り付けやプレゼンの用意はできましたでしょうか? 私は毎年この時期は仕事が全然終わらなくて、何もできていません…。 でも、気を取り直して、まずはブログからクリスマスっぽい話題をお届けしますね。 先日、日本初のフラッグシップ「Intimissimi銀座並木通り店」の内覧会に行ってきました。 Intimissimiは、ロマンティックでセンシャル、ナチュラルでいてモダンなイタリアのランジェリーブランドです。 その洗練されたデザインは、まさに私が追究している世界観にぴったり! ヨーロッパ在住のランジェリー好きな友人は、Intimissimiのランジェリーを彼女によくプレゼントすると聞きました。 この日は、2018春夏の展示会もありましたよ。 イタリアの春から夏にかけての美しい風景をテーマにしたコレクションです。 「Love in Verona(愛の街ヴェローナ)」「Madama Butterfly」など、ロマンティックなランジェリー。 さすが、芸術の国イタリア発信のブランドですね。うっとりです。 私が鏡で合わせているランジェリーは、この日、久しぶりにお会いしたPRマネージャーのアンドレアさんが選んでくれました。 この色は難しそうなのでまだ持っていませんでしたが、鏡を覗いてみると新しい自分が見えてきました。 男性の意見って魔法みたいです。 クリスマス用をお買い物にいく時間がないので、それはサンタさんにお願いして、 お正月用に来週お買い物に行きたいです。 バーとラウンジスペースもあるので、より優雅な気分を味わえるんですよ。 銀座にまた、お気に入りのお店が増えて嬉しいです♡

Tuesday, December 12, 2017

TADAO ANDO : ENDEAVORS For 10th Anniversary At The National Art Center, Tokyo 












I went to the TADAO ANDO : ENDEAVORS exhibition last month. I wore this black turtleneck knit wear same as ANDO. On 2010 I and my son went to his talk at the Setagaya public public near my home. He signed and wrote his message on his book I bought for my son. The message was, 'You can do it, Anji!!'. I was more excited than my son. Whenever I feel low, I remember the message. His words are so strong like concrete of his architecture, and warm like space of his architecture. I see a beautiful house architected by him while I take my dog for a walk every day. Every time I am so moved. By the way, the TADAO ANDO : ENDEAVORS exhibition held the 10th anniversary at the national Art Center. I went shooting there with my son. I was look forward to see a full-scale replica of the Church of the Light that has been built as a special installation in the open-air exhibition area. The Church was smaller than my imagination and a ray is different from my fantasize. I wanted to expedient that a sharp ray hit on my face like Ando's portrait photo of the ticket. Selecting today's photos, I noticed the ray and blank space is so beautiful! It took a few weeks to understand that the architect is great. What takes a long time to understand never forgets. This exhibition is until 18th this month. I would love to go there again! The museum architected by Kisho Kurokawa, Ando's portrait by Nobuyoshi Araki, both are also incredible men same as Ando.

安藤忠雄展-挑戦-』へ行ってきました。この日の服装は、安藤忠雄さんと同じ黒のタートルネックです。 2010年に近所の世田谷区民ホールで安藤忠雄講演会があった時は自転車で息子アンジと行き、本にサインしていただいたことがありました。「アンジ、頑張れ!」と手書きのメッセージもいただき、息子よりも私の方が嬉しくて、今でも時々思い出すと何でもできそうな気がします。そして、その度に、頑張るしかないんだなあと思うのです。安藤さんの言葉は、彼のコンクリートの建物のように固く迷いがなく、しっかりとしていて、彼の設計の美しいブランクスペースのように気持ちがよく、差し込む光のように温かさも感じます。 他には、犬の散歩で近所の安藤建築のお家の側を毎日うっとりしながら歩いています。 さて、今回の展覧会は国立新美術館開館10周年。先月24日に撮影も兼ねて行ってみると、トークイベントの日でもあったせいか大勢の人で賑わっていました。写真でしか見た事のなかった光の教会の複製は想像していたよりも小さく、もっと光が差し込んでいるのかと思っていたので少し拍子抜け。チケットの写真のように教会に入った瞬間、光線で目をやられるくらいの衝撃があると勝手に思っていたのです。これは私の悪い妄想癖ですね…。 本日、ブログの写真のセレクトをしながら教会の写真に吸い込まれそうになっている自分に気づき、驚きました。光と空間に心を奪われ、ちょっと時差がありましたが、光の教会の人気の秘密がやっと分かってきました。 映画もなどもそうですが、後からじわじわとくるものは、ずっと心に残ります。 最終日は18日ですので日にちがあまりありませんが、もう一度行ってみたいです。 黒川記章氏設計の美術館で、荒木経惟氏撮影のポートレート写真という豪華な顔ぶれにも圧倒されますよ。

Burberry knit wear, The dallas pants, Gianvito Rossi shoes, Dior bag, Kate spade watch